外貨預金と比較したときのFXの利点

 FXの場合はいつでも好きなときに24時間売却が可能です。
 為替情報をチェックし、為替動向を読み取ることで、よりリスクを抑えた取引が可能になります。また外国債券のように途中で解約することによって利率が低下することもありません。

 FXはレバレッジで少額の保証金によってその何倍もの資産運用が可能です。実際にはリスクを考えて2、3倍のレバレッジに抑えておくのが妥当ですが、それにしても金利も同じように2、3倍になりますので、外貨預金よりもはるかに効率の良い資産運用が可能になります。

外貨預金とFXとのちがい

 外貨預金はFXと比べると金融商品として致命的な弱点が2つあります。
 1つは、手数料が高いということです。
 2つめの弱点は、満期というものが定められているという点です。そのために期間中に為替レートが有利に動いてくれたとしても解約することができません。満期時には為替レートがまた戻ってしまっているという事態も十分にありえます。こうした融通の利かない点が金融商品としての外貨預金の弱点でもあります。

外貨預金の弱点

 外貨MMF、外貨建て投資信託、FXなど注目を集めている外貨建て金融資産ですが、中でも一番身近で利用者が多いのは銀行を通じた外貨預金です。
 しかし、外貨預金とFXを比較した時にはFXの方が良いです。外貨預金の儲けに比べると、FXの方がより大きく儲けることができるからです。
 外貨預金とは、米ドルなどの外貨で預け入れる預金のことです。
タグ:外貨預金

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。