NZドル為替レート

NZドル為替レートとは、通常の外国為替の取引において、NZドルと外貨との交換比率を指します。
NZドル為替レートはニュージーランドドルを他の通貨に換える際に必ず決定されます。
貿易や資本移動など、国境を超える取引において外国為替は必要であり、為替レートはその外国為替の交換率を意味します。
NZドル為替レートは1997年、タイバーツから始まった急激な通貨の下落でアジア各国に飛び火しました。
NZドル為替レートはこの現象が東アジア、東南アジア各国の経済に大影響を及ぼし、アジア各国と密接な関係にあるNZドルも同様に大きく売られました。
ここでNZドル為替レートがかなり下がるという減少があります。
NZドル為替レートは、各国の経済情勢と緊密に関係しながら推移しているのです。

NZドル為替レートは、日本の個人投資家をターゲットとしたNZドル建て債券が多数発売され、日本人投資家にたくさん買われたことでNZドルが上昇しました。
2006年1月、ニュージーランドのカレン副首相兼財務相が日本を訪問し、日本人の個人投資家によるNZドル建て債券への投資を牽制する発言をしました。
その影響でNZドル為替レートが下落したと言われています。
NZドル為替レートは、中国政府が金融の引き締めや証券取引規制策を打ち出すとの憶測をきっかけに下落。
中国株安は欧州、ニューヨーク、南米、アジアへと広がり、リスクマネーの収縮、円キャリーの取引の巻き戻しが起こりました。
NZドル為替レートは、その後ニュージーランド当局がNZドル売り、米ドル買いの市場介入を行い、高値水準で取引されていたNZドル/米ドルは、一気に下落しました。
NZドル為替レートはそれにつられてNZドル/円も値を下げました。
しかしその後介入は短期間で終わり、NZドル為替レートは再び上昇しました。

NZドル為替レートはアメリカのサブプライムローンにも影響をうけました。
ベアー・スターンズ社傘下のヘッジファンドが、アメリカのサブプライム問題の影響を受け、巨額の損失を公式に計上したことをきっかけに、サブプライム問題の深刻さが表面化しました。
これにより、全世界の株式市場が下落し、NZドル為替も影響を受けました。
NZドル為替レート市場ではリスクマネーの収縮、円キャリー取引の巻き戻しが起こり、NZドル/円は高値からかなり下落しています。
このように、NZドル為替レートはアメリカ市場に影響を受けやすいといわれています。
しっかりとサイトやブログなどでNZドル為替レートの情報を把握し、対処したいものです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。